welltalking

01

ABOUT番組概要

WELL TALKINGは、株式会社ウチダシステムズ 福祉施設営業部と
株式会社デジタル・アド・サービスのビジネスデザインセクション「COLOGUE」 が企画する
オンラインの対話番組です。福祉の領域と多様な領域。そこで働く人たちによるセッションをお届けします。

■ タイトル:
WELL TALKING(ウェル・トーキング)
■ 媒体:
Zoomビデオウェビナーによるオンライン配信
■ 放送日時/頻度:
3ヶ月に1回程度の不定期放送/1回の放送時間は1時間
■ ゲスト:
福祉、またその周辺の領域から、毎回多様なゲストをお招きします
■ 視聴対象:
福祉事業者の方、福祉を志す方をはじめとして、さまざまな領域の幅広い方にお届けすることを目指しています。

02

CONCEPTコンセプト

領域をまぜあわせ、ともに問う、対話する。

個人に、組織に、地域に、社会に。いま、私たちが必要としていること。
それは、たった1つの正解やたった1つの答えではなく、
多様な視点、多様な経験をベースに、考え、対話し、行動することではないでしょうか?
そして、そのきっかけとなる問い。
福祉を志し、働いていらっしゃる方々の想いや使命感に光をあてること。
福祉の領域と多様な領域とが混ざり合い、セッションする機会をつくること。
そこには、その種がたくさんあるはず。
個人の、組織の、地域の、社会の。よりよい生き方、よりよいあり方のために。
WELL TALKING 問いかけましょう。対話しましょう。

03

HOSTS運営メンバー

株式会社ウチダシステムズ 福祉施設営業部

山本朗弘

Akihiro Yamamoto

選ばれ続けるための場づくり支援

主な顧客である社会福祉法人に向けた「場づくり」の計画立案と実行の支援を主な業務としています。その28年間に及ぶ施設経営者・ 現場スタッフ・地域の方々との関わりから得た、独自の「主観的かつ客観的な視点」を通じて、顧客である法人/施設が「選ばれ続け る」ためのアイデアを提供し続けています。関わってきたお客様それぞれに「持ち味」は 必ずありました。そしてそれを「見えやすくする・伝わりやすくする」ことが、世の中を良くすることに繋がると考えています。
福祉住環境コーディネーター、日本生産性本部経営品質協議会認定セルフアセッサー。

株式会社デジタル・アド・サービス/COLOGUE

竹内悠

Haruka Takeuchi

組織・地域のビジョンデザイン

ビジョンデザイン領域 コピーライター/コンサルタント
主に「ビジョンデザイン」の領域で、コピーライター、コンサルタントとして活動。
ビジョンを「未来における存在意義」と捉え、その構築から実装までをプロジェクト化。クライアントとともに、継続的なプロジェクト推進を行っています。
日本生産性本部経営品質協議会認定セルフアセッサー。

自社でのビジョン構築、実装をベースにビジョンデザインの領域についてお伝えしています。